スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

名探偵☆負けねぇ!

2005.11/02/Wed 22:25:52
昨日はうっかり寝てしまいました。
腕が腱鞘炎ぽくなってる井上です。

続きが気になるわ!って方がいたらね。
あたし、そりゃー泣きそうなくらい嬉しい。
きっといるわ!って信じて、
一生懸命書こうと思いますよー。

探偵物語☆第4弾。

前回までのあらすじは、書きません!
あえて書かないので、確認してください。
だって・・・読んで欲しいんだもの・・・。

えっとね。どこまで書いたっけか。

あー。タカシの手が震えてたとこまでだ

もうね、強がるなよってね。
肩とか、ポンポンってしちゃいそうだったわ。
だけどさ、タカシ頑張ってるじゃない。
ありえないってのに。
それでも、言い訳してくれちゃうじゃない。

だからさ。あたしさ。
ますます楽しくなってきちゃって。
まだ、別れないでいたってワケ。

だってー。気になるじゃなーい。
この先さ、タカシがどう出るのか。

むしろ、タカシって生態が気になるじゃない。

そのあともさー、タカシったらさー。
その出会い系サイトに通っててさー。
相変わらずさー、本名でいてさー。

もう。ホント。
アンタが、一番大胆

クミがさー、面白がってさー。
他の友達とかもサクラにしてさー。
タカシ相手に、チャットしててさー。

もうね。

あたしの友達、全部タカシのメル友?!みたいな。

だからさー、タカシのケータイ大忙し。
年末の居酒屋かってくらい。
ちょーやかましいのね。

タカシ、マメだからさ。
着メロとか、全部変えちゃってたからさ。

でさ、でさ、あたしの友達はさー。
なんか、イイヤツなんだか、ナメてるヤツなんだかさー。
タカシと会うとさー。

プリクラとか撮ってくるワケ。

それをさー、あたしは、証拠としてさ。
タカシに、あげちゃうってワケよ。

「ほら!渡すの忘れたって!」とか言っちゃってさ。

もうねー。タカシもねー。
開き直ってるってゆーかー。
まいっかい、同じ言い訳するんだよね。

わかってたよ!罠にハマッてやったんだよ!って。

じゃあ、なんでそのプリを。
女子高生気分で手帳に貼ってんのー!?
しかも、コレクションになってんじゃーん。

でも、タカシも、いーかげんさ。
おかしいって気付いてくれたワケ。
でさ、話し合いになったワケ。
つーか、タカシに言われたワケ。

「あのさ、オマエの友達しか会えないっておかしくね?」

まってー。タカシ。ちょっと待ってー。

その質問自体が、おかしくね?

気付くところ、間違っちゃってんじゃん。
あたしの友達にしか会えないのがおかしいんじゃなくて、
それでも続けてるアンタがおかしいんだって
これ、あたし的に譲れないところなんですけどー。

ちょっと大胆にエッチになりたい子とか探すより、
ちょっと大胆にエロさ出し過ぎな自分を探して。


そんな話し合いの結果さー。
タカシ、言いましたよ。

出会い系なんか、信じない!

・・・・だから、間違ってるって。
彼女に教えちゃった出会い系サイトに通うアンタが、
何より誰より、信じ難いんだってば。

でも、これで夢から覚めてくれるわね。

ってー!別れてねぇじゃん!!!
あたし、おかしくなっちゃってんじゃん!
なに、丸くおさまっちゃってんのー?!

待って。ちょっと待って!

あたし。心広すぎなんですけど?!

・・・いや、ほら。ね。

タカシならさ、また、何かやりそうじゃない。

そこに、期待?
あれ?なに、期待しちゃってんの??

・・・・あたし、マゾッ気爆発じゃーん!!

イヤイヤって言いながら、興奮してる。
そこはダメ!とか言いながら、もっとして!みたいな。

「ねぇ、タカシ。次は何するの?」

ドキドキしながら、聞いてみちゃった。

「んー・・・とりあえず、キャバ行きながら考える」

こ、答えちゃったじゃーん?!
タカシー!待ってーーー!
答えたらダメじゃん!思うツボじゃん!
てゆーか!待ってって!タカシ!

あたしが元キャバ嬢だって思い出して!!

     ★つづく★

ランク画像
↑別れるのが惜しいほどの存在感だよね。

テーマ : 叶わぬ想い
ジャンル : 恋愛

探偵物語☆(T氏編) :Comment(-) :Trackback(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。