スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

計画はご利用的に

2008.04/27/Sun 23:11:41
施設での生活を書く!と言って、
もうだいぶ経ちます。すいません。
書こう!と思う反面、
思い出すと目から汗が。

ちょっとオセンチ。
センチメンタルジャーニー。

色んなことを考えていたわけですが、
ご利用は計画的に!とかなんとか、
夏川純やらしょこたんやらがCMで言っていて、
ちょっと、井上も考え直しが必要だと思いまして。
計画的に考えていたつもりだったけども、
どーやら計画っつーのは予定であって、
予定は未定だっつーことで、
計画の練り直しをしないといけないんです。

べ、別に書いてない言い訳じゃないんだからねっ

後半はダラダラ乙女チックだったりするんで、
楽しい記事を期待されてる方は読まない方向で。

あの頃に戻りたいなーと、
なんだか弱気なことを考えるときがある。
過去は捨てる主義なんだけども、
そりゃー捨てられない過去っつーのも、
20年生きてりゃあるわけですよ。

人間だもの。(Byみつを)

今のカラダになって、思うように動けず、
むしろ胸から下が動かない状況で、
戻りたいと思うのは、歩けた頃だった。
ブログのネタには出来ないよーな恋愛、
今思い出しても眩しいくらい愛した人も、
そりゃまあ、いたりもするわけで。
そんなこんなで、あたしの戻りたいのは、
その恋愛をしてた頃。
マジメな話も、笑い話も、なんでもしたし。
本気で心を許した、唯一のヒトだった。
あの頃に戻りたいと、何度も思った。

あの頃、あたしは確かに歩いてた。
自分の足で立って、一歩一歩確実に。
前に向かって、歩いてた。

施設という場所に入所して、
前に向かうことに臆病にもなっていたあたしを、
変えてくれたのは、かけがえのない仲間たち。

「障害者」である自分を受け止めて生きること。
前に向かって歩けない代わりに、
車椅子という新しい足を使って、
前に進んでいくということ。
それを教えてくれたのは、大切な仲間たち。

今はもう、歩いてた自分を思い出せないほど、
しっかり自分を認めたんだと思う。
このカラダにならなかったら、出逢えなかった。
きっとあたしは、彼らに出逢うため、
このカラダになったんじゃないかと思う。
そう思ったら、半分以上麻痺したこのカラダも、
そう、悪くはなかったのかなと思えた。

最近思う、戻りたい「あの頃」は、
歩いて恋をしていたあの頃よりも、
施設生活をしていた、あの頃になった。

もちろん、歩いて恋をしていたあの頃に、
やっぱり戻りたいと思う瞬間も、ある。
だけど、もう、歩く自分が想像もつかないから。
このカラダを受け入れ、笑い飛ばし、
毎日が輝いていた、愛に溢れていた、
そんな、施設生活の頃に、戻りたい。

いつでも手の届く場所にいて、
温度差のない場所。
さり気ない愛情が溢れて、
素直になれる場所。

それぞれの生活があることも、
いつまでも変わらないわけがないことも、
知らなかったわけじゃない。
時間が戻らないことも。
もちろん、知っている。

だけど。

戻れるなら、戻りたい。

戯言Comment(2)Trackback(0)
Trackback URL
http://makimaki23.blog34.fc2.com/tb.php/426-7f596178

もうすぐ誕生日ですね^^おめでとう。
過去を振り返るのは悪い事ではないですが、過去にすがるのは決して良くない。
まきサン自身も分かってるだろうけど・・・
あの頃に・・と思える出来事が、これからもたくさんおきるんだよ。
これからの人生でもかけがえのない出来事はいっぱいあるよ^^
-:toshik:URL:2008.05.14(Wed) 12:01:01:(EDIT)

さわだです。相互リンクお願いできないでしょうか?

http://signup77.blog109.fc2.com/

宜しくお願いします。
-:さわだ:URL:2008.05.20(Tue) 15:00:31:(EDIT)
name
title
mail
url

[     ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。