スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

初恋の行く末♡

2005.11/27/Sun 23:47:23
やあ。井上さんだよ☆
ダラダラしてきたよ。
ついでに。妹子の様子見て来たよ。

なんかね。妹子ったら。
新しいアクション覚えたんだって。

前向きで立ちすくむ

って。書いてあるんだけど。

・・・怯えてんじゃん。妹子。

あとね。妹子ったら。
いっぱい言葉覚えたらしいよ。

どうも。とか。ただいま。とか。
挨拶は大事だもんね。いいことだよね。

おかえり。がねーじゃん。

食べる。とか。眠い。とか。
人間としての3大欲求のうち2個覚えたね。

惜しい。もう一個が大事なのに!

なんか。とか。でも。とか。
自己主張するっていう感情が芽生えたね。

つーか。口答えすんじゃねーって。

誤魔化す。とかも覚えちゃってた。

・・・あんた。イイオンナになるよ。

妹子の行く末が楽しみです。

えーっと。今日は初恋物語♡の続きね。
あたしの。清純で可愛い恋のお話ね。

前回のは、確認してみてね。

えーっと。えーっとー・・・。

3年後に駅で偶然再会して・・・。
その3年後に。バイトで再会したんだよ。
そう。そこまで書いたんだっけか。

そのバイトっつーのはね。

ファミレスの厨房だったんだけども。

あたしね。ウェイトレス出来そうもなかったし。
なんつーかさ。花嫁修業っつーの?
お料理とか覚えちゃおっかなーみたいな。

ま。レンチンだったんだけどさ。

しかもさ。厨房で入ったのにさ。

人いないからって。勝手に外。出されたしね。

気付いたらウェイトレスになってたっつーの。
あのクソマネージャーめ。殺す。

ウェイトレスに転身して初めての日にさ。

なに?コスプレ??とかさ。

お触りOKですか?とか。ね。

言ってくれた、当時のバイト仲間をね。
あたしは。いつか絞め殺そうと。今でも思ってるよ。

ま。そんな中にね。

例の先輩もいたワケなんだけどもね。

あたしはさ。初恋の相手だしさ。
やっぱさ。先輩の前だとキンチョーしてたのよ。
今までバイトでかぶったことなかったからさ。

同姓同名の人違いだろうって思い込んでたし。

なのにさ。周りからあたしの話聞いてさ。
久々に会ったくせにね。

先輩「井上さん。○番テーブルご指名です」

とか。ね。ありえねーっつーの。
フツーにオーダー取ってこいって言えって。
まじで。どんな話されてんだっつーの。

でも。あたし小心だしさ。
初恋の相手だし。初告りの相手だし。

口答えなんか。しなかったんだよ。

可愛くない?あたしったら。
ちょー清純派可憐な乙女じゃない?

もうね。周りのみんなをあだ名で呼ぶくせにね。

先輩だけは。さん付けで呼んでたしね。

そんな。ある日のことですよ。

休憩時間。かぶったよ・・・。

控え室にね。ふたりっきりですよ!?
ちょっと。何このヤラシイ展開!

・・・井上。妄想爆裂します☆

先輩「井上さん。お疲れさま」
井上「先輩・・・!ありがとうございます」
とか。そんな挨拶かましちゃってさ。
ご飯とか。一緒に食べちゃってさ。

先輩「デザートは・・・井上さんがいいな・・・」

井上「ああん!先輩!こんなとこでーー!」

・・・ごめん。やりすぎた。
でも。ちょっと。こんなのを、さ。
乙女としては妄想するじゃない。

ああ。ぜんっぜん。そんなことなかった。

先輩。すでに彼女いたりしたし。
しかも。ここのバイトの女の子ね。

でもねー。でもねー。

6年前のバレンタイン話蒸し返しやがった。

先輩「井上さんさ。覚えてる?」

とか切り出しやがったよ。
ああ。覚えてるさ。忘れないさ。
甘酸っぱいストーカーな思い出だろ。

でね。実は初恋だったんですよーとか。
初めて告った相手なんですよーとか。

おめー心に刻み付けとけ。くらいのイキオイでね。

当時の話を。色々してたんだよ。

そしたらさ。先輩が言ったよ。
もうね。爆弾発言きたよ。

先輩「付き合おうって言おうとしたら、逃げたよね」

・・・は?なに?なに言っちゃってんの??
ちょっと。ちょっと待って。
あたし。まだ妄想してたっけか。
あれ。おかしい。えーっと??

先輩「ネームプレートもあげたのに。あはは」

あははじゃねーだろ。
おい。何笑っちゃってんの。ねえ。
なにそれ?え?あたし聞いてないよ?
あんたの気持ち。何も聞いてなかったよ??
何?なんだっつーの?いまさら?

今。先輩には彼女がいて。
あたしに彼氏がいないって見下してる?
なに?彼女持ちのヨユーってやつなん?

先輩「誕生日のお礼で映画誘ったのに」

・・・はい?誘われてないよ??
それ。あたしじゃないんじゃないの?

先輩「行けないって言うから。諦めたけどね」

・・・言ってない!全然あたし。
誕生日の直後はまだ好きだったってば。
行けないとか。断るはずがないじゃない。

井上「あの。誘われてないんですけど」

・・・しばし。お互い沈黙。
すっげー記憶の糸手繰り寄せてた。
すっげー眉間にシワ寄っちゃってた。

先輩「連絡先知らなくて、妹に頼んだんだけど」

・・・先輩。すいません。あの。

あたし。あなたの妹さんとは仲悪かったの。

あははーってねー。もうねー。
お互いねー。笑うしかないよねー。
だよねー。いまさら。だもんねー。

井上「せんぱーい。写真だけいいッスか?」

当時。一緒に写真なんか撮れなかったし。
今日は遊び行った帰りだからカメラあるし。

写真。初のツーショット撮ったよ。
最後の思い出に。ね。

それ以来。フツーに話すことも出来て。
バイト上がりでラーメン食いに行ったり。
飲みに行ったり。ドライブしたり。

フツーのバイト仲間になりました。

あれよね。やっぱ。

初恋は実らないんだよ、ね。

さようなら。あたしの初恋。


↑ブログルポさんに記事投稿してみたよ。

ランク画像
↑この間違いがあたしの人生狂わせたかもな。
スポンサーサイト

テーマ : 昔の恋、過去の恋愛
ジャンル : 恋愛

初恋物語♡ :Comment(-) :Trackback(-)

たまには浸ろうか。

2005.11/27/Sun 00:30:38
ただいまー。帰ってきちゃった。
でもねー。でもねー。

今あたし。放心状態

眠いからじゃねーから。まじで。
杉村春子に感動したんだから。
あたしだって。たまには感動すんだよ。
ごめん。どっちかってーと泣き虫だわ。

いっぱい泣いたら。お腹すいちゃった。

えーっと。お腹がすいてるの誤魔化そうか。
とりあえず。誤魔化す為にも書くか。

・・・ダメ。意外と限界。
ハラがすげー泣いてる。

さっきまでのあたしみたいに泣いてる

さってと。今日は誰を書こうかね。

男は芸の肥やし。
恋を食べて女は成長するからね。


うん。さっき言ってたもん。
杉村春子さんが
つーか。米倉涼子が言ってた。
ちょっと感動覚えちゃった。

よーっし。初恋でも書いてみるか。
井上の。初恋物語しちゃおっかー。

あれはねー。中学1年の頃だったね。

親に聞いたら、否定されたけどな。
あんたの初恋、もっと小さい時って言われた。
でもさ。記憶ないし・・・。

しかもその相手。

ゲゲゲの鬼太郎だったし。

だから。ね。中学1年ってことにして。
そーゆーことにしておいて。お願い。

好きになったきっかけとか。
あんま覚えてないんだけどもね。
2つ年上の先輩だったんだよ。
たぶん。ひとめぼれね。
いや!ひとめぼれだって!
なんかその方がロマンティックだって!

笑ったカオが可愛い先輩だったんだって。

・・・確か。確かそうだったと思う。

部活とか違ったしね。
接点なんて、なんもなかったんだよね。

だからいつも。遠くから見てた。

・・・星明子みたいだった。あたし。

先輩の体育の時間とか調べちゃってさ。
その時間は、ひたすら窓から校庭見てんの
授業終わりくらいになったらさ。
教室抜け出して、昇降口行ってさー。
先輩が近く通るの待ってんの

ちょっと!やめてよ!
ストーカーとか言うなって!

声もかけられないくらい。
純情可憐な乙女だったんだって!
今も変わってないけどね☆

で、さー。当時、うちの学校人数多くてね。
1年生は、学級委員しか、卒業式出れないの。
2年生は、全員参加なんだけどもね。

だからあたし。学級委員になったし。

その為だけの学級委員だからさ。
普段は仕事らしいことしたか、
覚えてもいないけどもね。

それでだよ。卒業式の前にはさー。
一大イベントが。あるワケだよ。

バレンタインとか言っちゃってさ。

女の子に告白の勇気をくれる日ね。
お菓子会社の陰謀だって気付いたのは最近ね

手作りとかしちゃってさー。
家とか調べちゃって
だから。ストーカー言うなって。
当日はさー。友達と朝から待ち合わせよ。
同じ、3年生に恋しちゃってる仲間でね。

考えてみたらさ。それって危険よね。
誰かがフラれっかもしんねーし。
誰かがうまくいくかもしんねーし。
すっげー微妙だよね。あぶねえ。
当時は考えてもいなかったけどな。

でさ。先輩んちまで行ったよ、あたし。
すっげーキンチョーしてさ。
ああ。友達は、離れて見えないとこに待機ね。

集団でいて、別の子を惚れたら困るから。

ピンポーンとかチャイム押して。
指とか。ちょー震えちゃったりしてね。
ピンポンダッシュするより震えたっつーの。

そしたら。おばーちゃん出てきたよ。

井上「あっ・・・あのっ・・・!」

もうね。爆裂乙女。少女漫画出れるわ。
すっげーシドロモドロ。乙女の中の乙女。

おばーちゃんはさ。あらあら。みたいな。
そんな笑顔でね。先輩の名前呼んだわよ。
その瞬間のおばーちゃんもさ。
ちょっと乙女チックだったよ。うん。

そしたら先輩さ。何か呼んだー?みたいな。
そんなさ。もう。ちょー日常的な風景で。
階段降りてきたってワケよ。
んで。あたしと目が合っちゃったってワケ。

もうね。そんとき、おばーちゃんがどうしてたか。
そんなの全然。覚えてもいないね。
だって。キンチョーMAXだしね。

井上「ずっと前から大好きでした!」

そうさ。挨拶もなしさ。
とにかく告ることだけしか考えてなかったさ。
今思えば。大失態だけどもね。
当時は今よりちょっとだけ乙女度高かったし。

先輩「ありがとう」

すっげー涼しげ。やばい。ナイスガイ。
あたしみたいに動揺もしてねえ。
すっげー笑顔だったし。すげえ。

これがオトナの余裕か!みたいな。

井上「し、失礼します!!!!!」

目的は達成した。あたし。告っちゃった。
生まれて初めて。自分から告っちゃった。

もう。そのあと。玄関閉めたか覚えてないよ。
とにかくダッシュだったよ。
友達がいるとこにダッシュしてたよ。

カオから火。出そうでやばかったよ。

友達「まき!おかえり!どうだった?!」

あー・・・熱冷めてきた。落ち着いてきた。
友達のその言葉で我に返ったわ。

あたし。返事貰ってねーよ。

ま。いっか。とにかく告ったしな。
とにかく。次に行こう。ね。
受け取ってもらったし。うん。

ムリヤリ渡したような気もするけどな。

次は。友達のかおりんの番でね。
かおりんが好きな相手ってのがね。

ちょーヤンキーな先輩でね

色んな意味でドキドキだしね。
あたし。地味にその先輩仲良かったし。
キレるとすっげーこえーし。
たぶん。オンナいるし。

そこんち着いた時にはさ。
あたしが返事貰ってないことなんてさ。
どーでも良くなってきてたしね。

それに。そこんち。

ドアノブなかったしね。

呼び鈴だって鳴らないしね。

そして。目の前で玉砕見たしね。

・・・ね。怖いね。バレンタイン。
その後の2人もさ。渡すだけ渡したけども。
もうね。彼女いたりしちゃってね。

ああ。あたし。返事貰わなくて良かったわ。

なんてなー。申し訳ないけども。
そんなこと思ったりしちゃったしなー。

え?その後の話ッスか??

ホワイトディで。飴ちゃん貰ったよ。
ビンに入った。すげー可愛いヤツ。

これ。お返しに・・・とか言われたよ。

嬉しくて。飴ちゃん一個だけ食べて。
あとは。ずっと部屋に飾ってたよ。

腐ったけどな。間違いなく。

あ。もしかしたら。
まだ、実家に飾ってあるかもしんねー。

怖くてぜってー開けられないけどな。

え?なに?それでどうしたって?

卒業式出席したよ。学級委員として。
卒業証書授与で先輩呼ばれた瞬間から。
やっべーくらい泣いたよ。

送辞の途中で焼き芋屋通って吹いたけどな。

え?なに?そのあとだって??

遠くからコッソリ写真撮ったよ。
隠し撮り。すっげーヒッソリね。
出来た写真。微妙にカメラ目線だったけども。

そのあとも話せって??

先輩の帰り道。少し後ろ歩いて帰ったよ。
先輩も友達と一緒だったし。
あたしも、友達とだったけども。
ま。ストーキングに違いないけどな。

え?それで終わりかよって?

途中でお互い。友達と別れちゃって。
すっげー気まずい空気流れてたよ。
あー。やっべー。どーしよーみたいな。

んで。あたしの、別れ道がきたワケ。

そこで。先輩からネームプレート貰ったよ。

あー。うちの中学ね。
ブレザーだったかんね。
第二ボタンの代わりがネームプレートでね。

もらっちゃったよ・・・。
あれ。あたし。これってうまくいったの?

その後。どうしたかって?

連絡を取ることは二度となく。
あ。その年の先輩の誕生日に。
プレゼントだけ渡したっけかな。

そして。気付けば。
あたしは別の人を好きになりました!

だって。付き合おうとか話したことないし。

そしてそして。それから3年。
先輩の高校の卒業式の日に。
地元の駅で偶然再会。したりして。

卒業おめでとうございますって。
3年前言えなかった分。言ったりして。

そしてそして。さらに3年。

バイト先が。一緒になりましたと。さ。

その話は。また今度ね!

ランク画像
↑あたしにも甘酸っぱい経験だってあるのよ。

テーマ : 恋心
ジャンル : 恋愛

初恋物語♡ :Comment(-) :Trackback(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。