スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

あたしがJKだった頃

2009.11/30/Mon 23:59:50
昨日の記事がやっつけだ、とか。
そんな苦情は一切受け付けません!

よし。毎日更新は続いてる。

あ、そうそう。ねえ、聞いて。
昨日さ、遊びに行ってたんだけどさ。

帰ってきたら、熱、でた。

まさかの、知恵熱、ですか。

あ、どーも、こんばんわ。
井上ですよ、井上。

ふと、さっき、自分の高校時代を、
よくわかんないけど、振り返ってたんだ。

ほんの数年前を、振り返ってたんだ。

うちの高校ってね、駅から遠いのね。
歩いて行ける距離ではあるんだけども、
なんつーか、道が複雑なんだよ。

あたし、ひとりで歩いてて、
迷いに迷って、1こ手前の駅に着いたかんね。

それ以来、寝坊した日とか、
友達が見当たらない日は、ね。

学校に行くのを諦める。

タクシーに乗る。

この、2択しか、なかったかんね。

あの頃使ったタクシー代を、
今すぐ返して欲しいよね。
なんで高校生なのに、金持ってたんだ。

で、さ。そんな高校時代。
あたしは、音楽がやりたかったんだ。
地元じゃやってたんだけども、
高校っつー生活の中で、さ、
やりたかったんだよね、バンド。

でさ、それっぽいの、見つけました。
ギターとか置いてある部室、見つけました。
ソッコー、クラスの子誘って入りました。

巻き込まれたクラスメイトは、
全くもって、バンドとか興味なかったけど。
きっとさ、始めてみたらイケんじゃねーか、と。

で、入部初日。

あたしを筆頭に、数人。
ドキドキしながら、部室のドア開けました。

あ・・・れ・・・?
先輩・・・2人だけ・・・?

しかも2人ともすげぇフツーだけど。

なんかさ、バンド組んでる人ってさ、
独特の空気があったり、するじゃん。
若干、ヤンキーだったりもするじゃん。

「あ、新入生?いらっしゃいー」

え・・・挨拶もフツーだよ・・・?
てか、むしろ爽やか!
あれ?なんか、ノリとかねぇよ?
むしろマジメなモードだよ?

ってゆー、心の声を隠しながら、
お邪魔しまーす、みたいな。
あ、どーもはじめましてー、みたいな。
そんな、ソワソワしたカンジで、
あたしたち、部室に潜入。

「じゃあ、最初はこれ!練習しようか!」

そう爽やかに言われて、渡されたのが。

え・・・これ・・・

リアルにこれ。

マンドリンじゃね!?

惜しい。なんか、惜しい。
あたしらがやりたいのって、
ギターとかベースであって、
同じ弦楽器だし、近い形状だけども、
なんつーか、惜しい!

・・・ダウト!

あれかな。
オマエらにはまだ早い、と。
まだギターには触らせねぇぞ、と。

そーゆーこと、かな。

って、思いながら過ごすこと1ヶ月。

友人のマリ(仮名)が言ったよね。
たぶん、誰もが気付いてたけど、
ずーっと触れないできたこと。
バッサリ、言ったよね。

この部室でエレキ見たこと、なくね?

う、うん。気付いてた。
フォークギターが1本と、
あとはマンドリンしかないこと。
むしろ、機材らしーもんがねぇよ。
俄然、あたしも気付いてたー。

マリ「ねえ、ここ、辞めない?

入部して、1ヶ月。
あたしらは成長することもなく、
むしろマンドリンの弾き方なんか、
誰も教えてくれないまま、
その部活を去ろうと、考えて。

でも・・・先輩に・・・なんて言う・・・?

もうさ、肌に合わなかったとかで良くね?
むしろさ、部室狭すぎとかでも良くね?

やりたいことが、見つからないで、いいよ。

そんな、会話のあと。
誰が代表で言うかどーか、
ものすげぇもめました。

んで、ジャンケンしました(古典的)

あたしだけ、負けました。

ぜってー仕込んでたよね。
コイツら、あたし売ったよね。
全員パーとか、おかしいって。
あいこがないとか、ありえねぇって。

って、散々ゴネたんだけども。
やきそばパン買ってもらったから、
あたしが行くことに、決めました。

そんな、退部を伝える運命の日。
放課後の、掃除タイム。
あたしは、部長のクラスに、
初めてカオを出しまして。

「すいません、前野先輩(仮名)いますか?」

うわー、なんか視線が痛い。
なんつーか、好奇の視線が痛い。

前野、前野ー。女の子来てるぜー?
うっわ!前野に女来てるぜー?

そんな、教室のノリが、痛い。

うるせーなー。どけよ、おまえら。

そー言いながら、こっちに来る、
部長のテレたカオが、痛い。

先輩、先輩。テレないでください。
完全に、少女漫画的な展開じゃないです。
あたし、全然、そーゆーつもりないです。

「ちょっと、廊下でようか」

教室の人たちの声に、
うるせーんだよ、とか言って。
あたしを、廊下に促さないで。

そーゆー展開、期待しないで。

「んで、なにかな?」

そー言いながら、部長ってば。
モップに腕かけてた。
明らかに掃除で使ってたモップに、
腕かけて、かっこつけてた。

かっこつけても、それ、モップなのに。

あー、えっと、言いづらいんですけどー。
とか、ちょっとモゴモゴしながら、あたし。

すいません、1年全員、退部します。

スットレートォォオオオ!!
オブラートとか包めてねぇええ!
ごめん、あたしウソつけない。
つーか、モップしか目に入らない!

しばしの、沈黙。
教室のドアから覗いてる人の山。
モップに腕かけたままの、部長。

「そんなことよりさ、俺と付き合わない?」

微動だにしないまま、
モップに(以下略)のまま、
フウッて息を吐いて、
まさかの、この、ひとこと。

そんなことよりさ、俺と

そんなことよりさ

そんなことより

って。そんなことじゃ、ねぇだろ。

あたしは全力で断って、
その場を去ったワケなんだけど。

次の日、うちのクラスに、来やがった。

「全員、部費払うまで、オマエは俺と付き合えよ」

もうね、意味わかんねぇよ。
どんだけ必死だよ。
ムリー。絶対ムリー!(村上風味)

で、その場であたしの財布から、
全員分の部費を支払って、
事なきを得た、ワケなんだけども。

なんで、また、モップ持ってたんだろ。

部長、告白するときモップ抱えると、
なんかいいことあるんですか。
マンドリンなんかより、
そっちが知りたかったです、部長。


そんなこんなで、
あたしは帰宅部になりました。

ポチッとな。 まだ登録されてたらしいよ。 登録人数でキリ番踏んだ。 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
↑ちなみに入部したのは「フォーク&マンドリン部」だったそうです。
スポンサーサイト
恋バナ☆Comment(2)Trackback(0)

貴重な男。

2005.11/25/Fri 01:58:56
一服休憩してきたぜーい。
ただいま!まきちゃんだよ☆
なんか今日。目が冴えてる。

あたまは冴えてないけどね

ああ。すげー寝たからか!

そうそうー。今日ねー。
ちょっと友達とメールしててさー。
あたしがブログとか書いちゃってる話したの。
井上まき(20歳/乙女)頑張ってまーすって。
そしたらさー。

まきならだいじょ~。
俺が見込んだ男だ!!

ってね。返事きたんですけども。

待って。ねえ。ちょっと待って。

あたし。乙女だってばよ

今日も焦って股間確認したっての。
ありえないって。男じゃないって。

苦情のメール。シカトしたらダメだって!

もう。死んじゃえ!!

さ。気を取り直してね。
ゲーセン好きな彼の話しようか。

ほら。マブダチのお嬢ちゃんよ。
ウワサのようちゃんの話だよ

彼はさー。年下だったんだよね。
あたしの・・・2こ下くらいだっけかな?
友達の延長ってカンジで付き合ってみたよ。

数年前の話なんだけどもね

物凄い背の高い男でねー。
細身で。モデル体系だったよ。

ゲームオタクでパソコンオタクだったけど

ああ。付き合ってた当時はさー。
音楽とかもやったりしててさー。

でも。ヒマさえあれば。
ゲームやってるような男だったね。

あたしもゲーム好きだしさー。
パソコンもいじくるしさー。
良く壊すけども。
だからね。楽しかったよ。意外と。

でも、ね。予告で書いたけども。

寝るのが趣味なの?ってくらい寝る人

遊ぶ約束とかするとね。
いっつも、あたしが起こしに行くの。
しかもね。起きないの。ぜんぜん。
つーか。寝起き悪いの。すんげー悪いの。

遊ぶ約束のはずが、寝られて終わったりね・・・。

ま。どうせゲーセンしか行かないけども。

でさー。どーせゲーセン行くならさー。
あたしだって。乙女なワケじゃん。
乙女がゲーセンでやることっつったらさー。

プリクラ撮ることじゃん。

ここ数年撮ってないけどもね。

でね。お願いしてみたんだよね。
写真撮られることも、あんま好まないヤツで。
でもやっぱさ。乙女のステータスじゃん。

井上「プリクラ撮らない?」

お願いでもなんでもなくストレートだけども。

よう「はー?!あー。まいっかー」

一瞬。井上。ビクついた。
はー?!って言われた瞬間怖かったよ!
殴られる!いや!踏みつけられる!って。
だって。慎重差。30cm以上あるしさ。
捨てられた仔犬みたいに震えたっての
でも。まいっかーとか。よかった!
踏まれないでよかった!!

んで。プリクラ撮ってみたよ。

できたよ。できあがったよ。

えーっと。何枚か撮ったうちから選ぶのか。

・・・えーっと。

ようちゃん。あの・・・。

あなたのアフロで、あたしのカオ半分隠れてる

しかも。見事に。ほとんどそう。

あー・・・。ね。うん。
あたしもさ。アフロな彼とかさ。
初めてだったからさ。
ね。コツ掴んでなかったんだよね。
だから、ね。うん。ね。

仕方ないとか言い切れねーよ

だって!あたしのカオ写ってるのだとさ!

あたしも、アフロなんじゃないかって写りだし!

って、ねー・・・。仕方ないよねー・・・。
ようちゃん、全然悪くないもんねー・・・。
プリ撮りたいって言ったのはさ。
あたしだもんね。仕方ないよね。

そうさ。ようちゃんはアフロだったさ。
生アフロ。初めて見たさ!触ったさ!
一緒に寝てると、時々痒いさ!

そうさ!そのアフロの中には、
ボールペン仕込んであるの知ってたさ!!

ようちゃん。あんた。漢だね。

たまに駅で待ち合わせするとね。
遠目でもわかるんだよ。
アフロだから。目立つの
しかも、背めっちゃ高いし。

でもね。ようちゃんは気付かない。

だからね。良く電話されたよ。

よう「おまー、どこにおる?」

ごめん、ようちゃん。
あんたの目の前にいるから
目線下げて。頼むから。

一緒に歩いてるのに見失わないで
ちょっと足の長さ違うからさ。
少し後ろを、小走りしてっから。
キョロキョロしないで。お願い。

お願い。胸倉掴むのはやめて。
あたし。宙に浮いちゃってっから

そのくせ、あたしのスカート。
履けちゃうとかマジカンベン
細すぎだから。切ねえ。

たくさんの屈辱と。
たくさんの貴重な経験をくれた。
そんな、ようちゃん。

お願い。定職について!!


↑これ。新しく登録した記事投稿ランキングの投票みたい。

ランク画像
↑彼に言われた衝撃の言葉「アフロだから付き合ったべ?」・・・否定できなかった。

テーマ : こんな男ってどうよ
ジャンル : 恋愛

恋バナ☆ :Comment(-) :Trackback(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。